前へ
次へ

美容に関わる資格について

現在、美容に係る仕事には多くの種類があります。
この中で国家資格となっているのは美容師と理容師です。
どちらも髪を整える職業ですが、剃刀やパーマの扱いによって美容師と理容師に分かれています。
この他に美容に関わる仕事としては、メイクアップアーティストやネイリスト、エステティシャン、整体やヨガインストラクター、セラピストなどが挙げられます。
これらの仕事には国家資格がありませんが、それぞれの団体が独自に資格を認定しています。
従って、資格を持っていなくても仕事に就くことができますが、自分の知識と技術を高めるためにスクールなどで学ぶ人も多くいます。
職業やスクールによって取得期間や金額などが異なりますから、興味のあるものがあれば事前に調べてみると良いでしょう。

スキンアドバイザー/美容の資格

スキンアドバイザーは美容の専門家として美容業界で活躍するための資格です。
主な活躍の場は、エステ、メイクアップアーティスト、化粧品販売店です。
他にもアロマセラビストやネイリスト、美容鍼灸師等、多くの美容に関わる仕事に役立ちます。
資格を取得することでスキンアドバイザーの肩書きを名乗ることが可能になるので、専門家としての知識と共に自信も得られます。
資格を取得するためには、皮膚の構造は勿論、肌別(乾燥肌、油性肌、混合肌)のスキンケアの方法を学びます。
専門的な知識がない状態で、お客様に接しても、信頼してもらえるはずがありません。
しっかりした知識を身につけた上で、お客様の肌状況を判断し、健康な肌に導く手助けができます。

Page Top